作曲家になるための3の技術+近況トーク

作曲家のたけみやです。武宮健です。

2021年11月現在、まだまだひよっこの作曲家です。

  • 作曲家歴は9ヶ月くらい。
  • コンペ参加曲数は30曲くらい。
  • 採用曲は2曲。(まだリリース前です)

100曲出してから考えようという世界らしいので(本当か?)、この打率はかなり順調っぽいです。

とはいえ、ひたすら空振りの連続という日々はなかなか慣れなくてつらいもの。

「砂漠に種を植えてるような気分だyo〜」と説明するとわかってもらえます。

そんなしんどくて当然な感じの日々。焦らず、追い込まず、自分らしいペースでやっていくのも大事な気がしています。

さてさて。

さて、本記事では、作曲家に必要な能力をざっくり3つにまとめてみます。

ここまでコンペに挑戦してきて、「必要なスキルってこんな感じっぽいなー」という技術的な要素がちょっと見えてきた気がするので、整理してみます。

完全に主観なので、あてにならなかったらすみません。

まあ、すごい疲れて曲が作れない状態なので、その気晴らしのたわごとです。

それでは、いってみよー。

1. 高いクオリティの音源を作る技術

一番重要なのがこれだと思っています。

どんなに微妙な曲だとしても、プロっぽいクオリティさえ出せれば、コンペのリングには上がれるという考え方です。

普段生活していて、あまり心に響かない曲って、たくさん耳にすると思いますが、それは音源クオリティ的に終わっているのではなく、「好みの問題」のはず。

なので、主観に左右されない「クオリティ」が、自分の曲が「商品」として売られるために一番大切なのです。

あ、普通は知らないかもしれないけれど、「コンペはデモだからメロとコードだけでいい」とかは全くなくて、毎回ほぼ完成品を提出しなくてはいけません。仮歌も本格的に入れないとだめです。

どうする?

クオリティを出すために必要なのは、アレンジとミックスの技術

アレンジは、脳内やその場で曲の全体像を構築し、手元のDAWで音源にしていく技術。そのためには、とにかく曲を完成させまくることが大事ですね。Done is better than perfect. というやつだ。楽器とか音源の知識、打ち込みのスキルもつけていきましょう。

ミックスは、「耳」の力。製品らしい音のバランス感覚を、耳が本能的に理解するまで修行を続けるのです。自信を持ってミックスできるとすごく楽しいけれど、それ以外はいつもしんどいです。

ミックスがイマイチなのは、アレンジが悪いせいだったりもします。だから、ミックスのレベルが上がるにつれて、必然的にアレンジの上達が必要になったりするので、二人三脚で上達していくイメージかなぁと思います。

2. コンペシートを音楽的に理解する技術

コンペシートというのがメールで届きます。「こういう曲がほしいですー」というオーダーです。だいたいの場合、参考となるリファレンス楽曲が一緒に添えられています。

この段階でどこまでイメージできるかが、その曲の完成までにかかる作業時間を決めるでしょう。

例えば、よく知らないジャンルの曲ならば、何も想像できず、リファレンスのイメージを強く受けすぎて、モノにできないかもしれません。

また、コンペシートを曲解して自分の好きなように作ってしまっては、採用率は低いでしょう。(本当に良い曲はそれでも通っちゃうときがあるそうですが。。)

コンペシートには、作家側の自由を制限しすぎないように、ふわっとしか書かれていないこともよくあります。

どのような意図で曲を募集しているのかがわかり、自分の中で曲のイメージが構築できれば、さささっと数時間で6~7割完成くらいまでできることもあります。(毎回そうだといいんですけど)

どうする?

結局のところ、「あのとき聴いたあれ」がパッと出てくるかどうかが肝心だと思います。

多くの作曲家さんたちがおっしゃる通り、たくさんの曲を聴くのがとても重要だと思います。

曲を作る日々が続くと、つい曲を聴く習慣がなくなっていきますが、なるべく楽しんで曲を聴く時間を作れるとよいなと思います。

3. 想像した音楽に寄せていく技術

そして3つ目も大事な技術。

せっかくイメージが固まっても、DAWで作って聴いてを繰り返すうちに、インスピレーションの鮮度がみるみる落ちて残念な曲になっていくのは、本当にもったいないし、つらい。

正しい方針の曲を、きちんとそのまま表現できないと、完成品が思わぬ出来となり、自信も持てなくなります。。

思い通りに作るのにも、また別の技術が必要というわけですね。

最近よくあるのですが、作りかけの曲が脳内再生ではとても良い感じなのに、DAWで再生するとめちゃくちゃイマイチに聴こえるやつ。あと、完成していくに従ってどんどんイマイチになっていくやつ。

脳内で補完できる余白がなくなって、イマイチなものが「完成」してしまったらもう、手の施しようがありません。締め切りもあるので、そんなときはもう諦めて提出。

ただ、クオリティが保てていれば、「100%駄作」ということはありません。割り切りつつも、必ず納得のいく品質のものを提出するように心がけています。

どうする?

完成に近づくに従ってイマイチになっていく現象。絶賛お悩み中なわけですが、方策は思い当たります。

まず、脳内作曲の品質を上げること。DAWに頼らないと形にできないというのが不自由の始まりなわけです。昔の作曲家は音を鳴らさずに譜面を作っていたわけだし、そういう能力がないとこの先きびしい気がしています。まだまだ「脳」の伸びしろを期待していこう。

それと、DAW上での打ち込みや録音のスキル。自分の場合、ドラム・ベース・ギターは得意だけれど、ブラスはそこそこ、ピアノやストリングスはちょっと苦手、シンセはけっこう苦手。

なので、苦手な楽器が出るとどうしても「なんか違う」感じになりがちです。そうなると調整に時間がかかり、曲の鮮度が落ちていく。これは慣れとか知識の問題、あとプラグイン音源の品質も大事でしょうね。

打ち込みについては、既存曲の耳コピがすごく大事だと思っています。

耳コピは時間がかかって苦しいけれど、やるたびにたくさん発見があって、技が身につくと自信になります。楽譜的なフレーズそのものの理解も、打ち込みでのリアリティの表現についても、非常に勉強になります。

さいごに

というわけで、これらが私の感じている「作曲家に必要な技術」になります。

おさらい。

  1. 高いクオリティの音源を作る技術
  2. コンペシートを音楽的に理解する技術
  3. 想像した音楽に寄せていく技術

ただ、これらは「技術」の側面でしかありません。

「メロが良い」「キャッチーである」とかの「感性」の面は全く書いていないのです。おーこわい。

今の自分にとっても、技術的な不足がメロの自由度を邪魔したりして、まだまだ曲作りそのものが不自由な印象です。

目一杯、好きなように曲を作って表現できる頃に、ようやく自分の感性=才能と対峙することになるのだろうと思います。

今はひたすら、技術を磨く。磨きながら、その範囲内でできる表現をする。

そんな感じで強くなっていきます。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

近況トーク

作曲からの逃避で、記事がひとつ書けちゃうものですな。

自分で書きながらも、「技術が成熟してからようやく才能が試される」感じ、スリリングだなと思いました。

ピアノとストリングス、頑張ろう。

最近は、秋花粉にボコボコにされながらも、曲を作って作って。でもコンペ通らないよぉ。。。

解禁できる情報が2つ。

一つは、ボカロ曲「ロキ」のカバー編曲。

直感×アルゴリズムのユニットTacitlyさんのライブ用で制作いたしました。

最近、ギターのカッティングがいかに重要かを、ひたすら思い知らされております。

自分のようなハードロックやメタルをやってきたズンズンピロピロ人間は、ポップスにおいてあまり居場所がないというか。

カッティングの汎用性の高さ、クールさには頭が上がりません。

そんな、また課題が見つかった案件となりました。お仕事の中で成長できることに、本当に感謝しかありません。期待に応え続けられるよう、日々努力。

ライブの感想ツイートでも喜んでもらえたことを確認できたので、嬉しい限りです。

もう一つは、斉藤和義さんの「やさしくなりたい」のカバー編曲。

かの有名なにじさんじの夢追翔さんが歌唱されました。

今回は、なんとアルバム曲としてリリースされたのがすごく嬉しいです。

個人制作はずっとやってきたけれど、自分の関わった曲がメジャーな形で世に出たのは初めてです。感激。。

影響力も大きくて、引用リツイートにいいねがいっぱいきて驚きました。素晴らしいファンの力!

今後は、自分の曲でも大きなコンテンツに一矢報いれるよう、頑張っていきます。

なんかムッチャクチャ長くなった気がするな。。

以上、報告おわり。

JAM Project『Shining Storm ~烈火の如く~』コード進行&押さえ方[ギター弾き語り実演♪]

JAM弾き・59曲目です!

スパロボ曲です!

いつもの一人で歌うべきではない感じの曲!

でも頑張りましょー!

影さん的な叫びもあり、遠ちゃん的な叫びもありで、とってもしんどいです!(笑顔)

ギターのスラッシュコードは無視でもいいと思います。

ぜひ挑戦してみてください!

楽曲

音域

最低音:mid1B
サビ最高音:hiC

コード進行

コードの押さえ方(一部)

Em/G: 322000
G/D: x55433
B7sus4/F#: 224242

弾き語り動画

感想

今回も花粉にやられていますが、なんとか歌い終えました。

サビの歌を重ねるのがとても楽しかった。

やっぱり重ねると迫力が出て良い!

そのぶんアコギだけだと物足りなくなるけど、それもそれで素敵なんじゃないかって。

あとはMotto、精度あげていけたらと思います。

喉ちぎれそうになる。笑

ボイトレの話をすると、最近は「肘」に注目しています。

肘を身体から遠ざけることで、身体が開かれて、うまく肩の力が抜ける。

そんな感じ。

基礎は「上声道」だけど、最終的には身体全体で歌わないといけないので、首&肩という、胴体へのジョイント部分がきれいに脱力できなくてはいけない。

そこがクリアできれば、アッと驚く歌が歌えると思うのです。

そう言ってる今も首と肩が痛いのだけど・・・。

それではまた!

JAM Project『Frontiers』コード進行&押さえ方[ギター弾き語り実演♪]

JAM弾き・58曲目です!

サムアゲのアルバム曲です!

前回の『キミオモフ』に引き続き、またダニーさんの曲です。

同アルバムの『Live True』などにも見える「大空と大地!」みたいな、サムアゲらしさを感じます。

サビ転調のため、グライダーカポが必要ですが、コード自体はシンプルです。

ぜひ挑戦してみてください!

楽曲

音域

最低音:mid1F#
サビ最高音:hiC

コード進行

コードの押さえ方(一部)

G/B: x20033
C/E: 032010
C/F: 132010
Em/B: x2000
Bdim: x2343x

弾き語り動画

感想

サムネにある通り、秋花粉にボコられています。

例年の10倍らしい。

副鼻腔粘膜が肥大して狭くなり、高域の鳴りが減っている様子。

高音を出すこと自体はできるのですが、出すだけで精一杯。。

ギリギリの戦いとなりました。

いや、いつものことだが・・・。

今回は、「心の声」をたくさん録りました。

ちょっと雑だけど。

JAMのコーラスは、こうやって耳コピするたびに凄く洗練されてるなと思います。

だからいつまでも飽きずに聴けるんだなぁと。

声が多い曲は好きなので、自分が作る曲にも取り入れられたらなと思います。

もっと上手くなりたいっす。

それではまた!

ドメイン移行した話!リダイレクト方法の最適解はこれだ!WordPress ロリポップ ムームードメイン。あと近況トーク!

先日、ドメインを移しました!

その辺であったトラブルについて軽く記して置こうと思います。

意外と最適解が転がっていなかったので。

文字ばっかりですみませんが参考になれば幸いです。

私の目的

旧ドメインは takerutakemiya.com でした。

新ドメインは shinzando.com です。

「武宮健」の個人サイトから、「新山堂」という事業サイトとして運営していくため、ドメインを変える判断をしたわけです。

旧ドメインの方は、当面は何も置かないでリダイレクト専用になるかなと思います。

手順

ドメイン変更の手順自体はめちゃくちゃ簡単。

WordPressダッシュボード > 左メニュー > 設定 > 一般

で「Wordpressアドレス」「サイトアドレス」の2つを新ドメインに書き換えて保存するだけ。

うちの場合は https:www.shinzando.com とするだけでOK。

でも問題はリダイレクトです!

リダイレクトで起きたトラブル

リダイレクトがややこしかったです。

問題は大きく二つあったと思います。

  1. ログインできなくなる問題
  2. 全ページのリダイレクトができない問題(正規表現が効かない)

順に見ていきましょう。

①ログインできなくなる問題

リダイレクトの一番簡単な方法は、プラグイン「Redirection」を入れること。

結果的にこのプラグインを使うことには変わりません。

しかし、このプラグインの設定にある「サイト引っ越し」みたいなやつを使うとログインできなくなって死にました。

ログインページごとリダイレクトされてしまって、確かどっちのドメインのダッシュボードにも入れなくなりました。

復旧する方法は、FTPサーバーから直接ファイルをいじるみたいなやつだったと思います。

私の場合はロリポップから入ります。

探せばあるのと思うので、焦らずググりましょう。

そんな感じで、リダイレクトは結構怖くてビクビクしてイライラしちゃいます。

「一発で全部引っ越し完了!」みたいなやつは、予期せぬことが起きやすいので、やめておくのが無難です。

このことは、次の問題にもつながります。

②全ページのリダイレクトができない問題(正規表現が効かない)

やりたいことは、こうです。

https://www.takerutakemiya.com/ナントカ/ を全部 https://www.shinzando.com/ナントカ/ にリダイレクトする。

「Redirection」のリダイレクト設定には、正規表現が使えると書いてあります。

正規表現を使うと、定めれられた一つの文字列だけでなく、いくつもの文字列パターンを数式のように一括で表すことができて便利です。

しかし、これがどうやってもうまくいかなくて、時間を無駄にした挙句の諦め。

それに、「こういう条件全部」みたいな書き方は、予期せぬ事態に対処しにくくなるし、バグってても気付きにくいので、あまりよくないです。

あと、この作業は常に「ログインできない問題」が起こるリスクがついて回るので、ずっとビクビクのイライラです。

無理して使うメリットよりもデメリットの方が大きいと判断したわけです。

コンセプト

安全かつお手軽にリダイレクトを遂行するため、ここで頭を整理しておきます。

まず、Wordpressくんは、先ほどの設定だけですぐ自分のことを新ドメインだと理解できます。

その証拠に、新ドメインにアクセスすれば、Wordpressくんが返事してくれます。

困るのは、Googleくんです。

Googleくんは、何も知らずに旧ドメインにアクセスしようとします。

でもサイトはもぬけの殻。

404 Not Foundが出て、ブチギレて、暴れて、あなたのサイトの評価をめっちゃ下げます。

つまり、リダイレクト設定は主にGoogleくんの暴走を防ぐために必要なのです。

それを踏まえて、前提となるコンセプトです。

  • 旧ドメインは、1年間ほどリダイレクト専用ページになります。
  • 新ドメインは、本物の内容が載るページになります。

新ドメイン側は、もうすでに準備OK。

問題の旧ドメイン側には、リダイレクト用のまっさらなWordpressを立ち上げちゃえばいいのだ。

そして、新ドメイン側に存在するすべてURLに向けて、旧ドメイン側からリダイレクトできる導線を作ればよいのです。

Googleくんも大喜び。

設定をいじるのはまっさらなWordpressだけなので、安心して作業できます。

安全で迅速な最適解はこれだ

結局どうしたかと言うと、Redirection 設定の「インポート/エクスポート」の機能を使いました。

リダイレクトの設定一覧を、CSVで入出力できる機能です。

手順はこんな感じ。

  1. 新ドメイン側の Redirection 設定からエクスポート。ダウンロードされたCSVを編集していきます。(もともとあるリダイレクト設定は、後で必要に応じて書き換えましょう)
  2. 新ドメイン側にある、「固定ページ」「投稿ページ」のURLをすべてメモ帳とかにコピーします。(ここどうやったか忘れましたが、効率良い方法があるはず・・・)
  3. 先ほどのCSVに追加で、リダイレクト元URLの列とリダイレクト先URLの列にペースト。
  4. リダイレクト先URLの列だけ範囲選択して、ドメイン部分を検索&置換で一気に書き換えます。ちゃんと範囲選択して置換するんだよ
  5. 出来上がったら、まっさらな旧ドメイン側のWordpressにも Redirection をインストール。Redirection 設定から先ほどのCSVをインポート。

これにて漏れなくリダイレクトできますね。

そして漏れがあっても、旧ドメイン側の Redirection 設定を見ればすぐわかる状態。

新ドメインくんは、ただのうのうと存在しているだけでOK。

安心安全!

その後

遅くても1年ぐらいで、Google検索がリダイレクト状況を把握してくれるらしいです。

頃合いを見てそのときCSVでガバッと削除しましょう。

そうしたら旧ドメインもお役御免。

あ、でも旧ドメインのURLが、YouTubeやらTwitterやらに貼ってあったら普通に踏まれると思うので、設定を消してはいけません。

だから私の場合は、旧ドメインくんは一生リダイレクト職人として生きてもらうしかないかなぁ。

めでたしめでたし。

近況トーク

最近は、憧れていた作家事務所さんとの提携が決まり、コンペ活動に大忙し。

完全に諦めていたから、またぐるっと人生観を変えて孤軍奮闘していくところです。

来るコンペ来るコンペ、すげえ、すげえ、って感じのやつばかりで、すげえってことは、すげえ人がいっぱい出してくるやつなので、正直、勝てる気がしない。

でもきっと、戦い続けるうちに立派な音楽家らしくなっていくのでしょう。

ひえー。

あと一応、実績がひとつ!

VTuber 風見くく さんが9/9の誕生日に行ったライブでのカラオケ音源を制作しました!

BUMP OF CHICKENの「アカシア」で、なんとアンコール曲とのこと。

エモい瞬間に貢献できて嬉しいです。

「あの曲どうなったんだろう」と思ったのがつい数日前で、もう2週間ぐらい経ってて唖然。立ち会えなかったのが残念極まりない。。

それぐらい忙しい日々なのだ。。

それと、信頼して音楽のお仕事をいただけたことが、何より嬉しい。

今後も誠実に向き合って、良い仕事をしていきたいと思います。

Aji Y. Tamago の2ndアルバム「Niku Venture」が出たのだけど、宣伝が何もできないまま時間がすぎていく。

曲は大いに自信あるのだけど、なんかもう近しい人に聴いてもらえればそれで良いかなという気分だ。

あと令和ボイトレはメンバー募集中。

あとちょうど5人だけ募集中。

みんな確実に「歌の才能」を理解し、成長させられていて素晴らしい。

詳しくはサイトを読んでもらえたら。

雑多に書き並べましたがそんな感じです。

ここまで読んでくれて本当にありがとう。

あなたは素晴らしい人だ。

またお会いしましょう。

JAM Project『キミオモフ ~たった一人の君へ~』コード進行&押さえ方[ギター弾き語り実演♪]

JAM弾き・57曲目です!

バクマンのカップリング曲です!

夢スケッチをやったときはもっと不安定な声だったなー。

歌えたらOKみたいな。。

身体中が硬くて、本当に細かい部分で調整してなんとか歌ってた感じだ。

音の処理も悪いし。

と言っても、普通は聴いても違いがわからないのかな。。

「余裕感」みたいなものがものすごく伸びているのだが。

さて、キミオモフはダニーさんの名曲!

ダニーさんの株価ストップ高!って感じの曲です。

前回の「Believe ~永遠のLink~」と一緒にやってた「THE MONSTER’S PARTY」のライブがエモくてすごくよかった。

ぜひライブ版を見てほしいなあ。

また見たいなぁ。

あれもう8年前とかなのか・・・。

アレンジは志保さん&栗山さんコンビ。

色々やってらっしゃるけれど、「HERO」とかのようなアコースティック寄りのイメージが強いかな。

グッとくるけど飽きさせないアレンジって憧れます。

ギターは半音下げです。

チューニングがめんどいけど頑張りましょー。

基本はGで、サビからEに転調という感じです。

原曲はさらにラスサビ転調があって、そこは流石につらいのでカットしました。。

ぜひ挑戦してみてください!

楽曲

音域

最低音:mid1Bb
サビ最高音:hiBb

コード進行

コードの押さえ方(一部)

A/C#: x4222x
D: x5423x
B/D#: x6444x
G/B: x20033
D/F#: 2x0232
G/D: x5543x
D/C: x3x232
C#m7-5: x42000
G/D:xx003x
A/D:xx0020
Dadd9/G:3xx230

弾き語り動画

感想

バクマンは漫画しか読んでないのですが、この曲を聴いたときにすげえバクマンっぽいなと思って、あとからバクマンをイメージした曲だと知ったんですよねえ。

二次元の恋愛は素敵で良いですよねえ〜(白目)。

よく表現された曲なんだなぁと感激します。

さて、無意識にやっていたのですが、サビでちょっとテンポ遅くするのちょっと良くないですか。

弾き語りならではのやつな気がするのでたまに取り入れてみると面白いかもです。

ハモり入れたかったな。。

時間がもうこれ以上取れず断念。。

誰かカラオケでハモろう。。いま閉まってるけど。。

60回目に予定しているVICTORYフルサイズに向けて、ますます進化していかねば。

それではまた!