Now Foodsのカンジダサポートを解説してみた

こんにちは。たけみやです。

ボイトレの未来は「腸活」にあるだろうと思い始めています。

歌は、初めから上手い人と初めから下手な人がいて、それを分けるのは鼻腔・副鼻腔の機能で、それを決めるのは腸内環境が大きいではないか、ということになります。

ということで、腸の勉強を進めています。

本記事では、腸活に効果的と言われている、Now Foodsの「カンジダサポート」というサプリメントについて調べて書いていきます。

このサプリ、どの成分がどう効くのかよくわからなかったので、同じ疑問を持っている人の役に立てばと思います。

基本的にネットで調べた情報をわかりやすくまとめていくので、おかしいなと思ったらご自身で調べなおしてもらえると幸いです。

すごい眠いのでクオリティすごい低いかもしれないです。すいません。

それではいってみよー。

カンジダは普通の細菌

そもそもカンジダとは何なのか。

カンジダは細菌で、細菌の属名である。「カンジダ属」ということだ。

Wikipediaに書かれているカンジダは以下の4種。

  • Candida albicans:カンジダ症の原因となる病原体
  • Candida etchellsii、Candida versatilis:味噌などの発酵に関与。
  • Candida stellata:ワインの醸造に関与。

よく聞く「膣カンジダ」などで悪いイメージを持ってしまうけれど、対処すべきは1つ目の「カンジダ・アルビカンス」という種であることがわかる。

それも、普通は存在しているだけで特に悪さはしないらしい。体調が悪いときなどに病変を起こす「日和見感染」の性質だ。

そう考えると、カンジダと聞いただけで成敗したいと考えるのは、少しお門違いな気がしてくる。環境を良くすれば、カンジダも優しいカンジダでいてくれるかもしれないのだ。

カンジダサポートは民間療法の集合体

カンジダサポートは何をしてくれるのだろう。

誤解されやすいと思うけれど、これは医薬品ではなく、サプリメントである。すなわち、補助食品にすぎない。

では、どういった仕組みで、どういった効果が得られるのか。主成分の特徴を見ていこう。

ハーブ成分①:パウダルコ

パウダルコは、アルゼンチンとかに生えている木のこと。ブラジルの国花でもある。

これをハーブにしたものが、民間療法的に利用されているようだ。

パウダルコの抗菌性や殺菌性、病原菌への防御機能などは、いくつかの研究で主張されているものの、人体に対しての効能はまだ証明されいない、という状況のようである。

つまり、信じるしかないというやつだ。

ハーブ成分②:黒クルミ

黒クルミ外殻サプリメントの紹介文によると、古代ギリシャ時代から使用されている歴史の長い健康食品だそうである。お腹の健康によいと書かれているけれど、根拠は「歴史が長い」しか見当たらない。

英語(black walnut)で調べたらもっと色々出てくるかもしれない。

ハーブ成分③:オレガノオイル

オレガノは、スーパーでも売っているお馴染みのハーブ。トマトの煮込み料理などに使われる。

オレガノオイルには、抗炎症、抗菌、抗真菌、抗寄生虫の作用があるとされる。

見たところ広く信じられている様子だが、やはり民間療法的で、医学的な確実性はまだ示されていないようである。

ビオチン

ビオチンは、ビタミンBの一種で、皮膚や粘膜、爪や髪の健康に深く関与している。

おそらく、アレルギー性皮膚炎の治療効果、腸粘膜の修復を期待して使用されているのだろう。

カプリル酸

カプリル酸は、ココナッツや母乳に含まれる脂肪酸である。

腸に感染したカンジダ菌に対してカプリル酸が有効である、と栄養学者が主張している、という旨がWikipediaに記載されている(ややこしい)。

こちらも医学的に正式に認められているわけではない様子である。

結論

カンジダサポートの主成分は、いずれも民間療法的に有効なものばかりが含まれることになる。

医薬品ではないけれど、昔の人が薬と思って使っていた成分を集めたものがカンジダサポートというサプリメントなのである。

したがって、民間療法に対して疑わしいと感じる人は、このサプリメントは向いていないであろう。

けれども、代替の治療法があるわけでもないだろう。西洋医学バンザイの人たちは、ここで足を止めて、治らない病に泣き寝入りするがよい。

私個人にしてみれば、割と医学への不信感の方が強いタイプである。

「証明されていないことは全て間違いである」という医学の態度のせいで、多くの人が「病気とまでは言えないうっすらとした不調」に悩まされているのだ。

多くの人が効果を実感している以上、むしろ信じないのは意固地で、試してみるべきだと思っている。(とはいえプラセボで騙されるのも悔しいけれど)

そんなわけで、結論としては・・・

「民間療法を集結させてくれてありがとう。使ってみるよ」

そんな感じでどうだろう。

カンジダサポートの飲みやすさ

では、実際に飲んでみた感想を書いてみようと思う。

個人的な意見で言うと、普通に飲める。

飲みにくい要素といえばこのくらいか。

  • ちょっとでかい
  • ハーブ系の変なニオイがする

でかいといってもほんの少しで、カプセルなので味もなく、つるっと飲み込める。

ニオイについては、何かに似ていると思ったのだが、「ベルキューブ」というチーズのハーブ味の匂いだと思う。(もう売られてないかも…?)

プールの底のニオイがすることでおなじみの Nature Made「スーパーマルチビタミン&ミネラル」と比べたら、これで飲みにくいと言ったらバチが当たる。

「Take 2 capsules daily with food. 」とあるので、朝晩1錠ずつ飲めばOKだ。

飲んだ感想

さて、初めて飲んだ時は夕食後であった。

感想だが、腹のいわゆる「膨満感」をものすごく感じた。腹を殴られた後のようにング…ング…という違和感がずっと続いた。

レビューでも同じような不快感を感じる人が多い様子なので、余裕を持って服用するのをオススメする。

とりあえず飲み始めてまだ数日なので、数週間したら感じた効果を書いてみようと思う。

すでになんか良い気がするけど、気のせいじゃないと言い切れないので。

それではまた。